習慣

【朝の習慣】朝にやるべきおすすめの習慣8選【習慣編】

わかること
  • 朝におすすめの習慣
  • 朝習慣のメリット
  • 手に入れる習慣:朝のおすすめの習慣

どうも!クラークです!

あなたは、朝をどのように過ごしていますか?

朝は脳のゴールデンタイムと言われており、物事を効率良くこなせたりするようです。

朝を有効活用することで良い人生を送れると私は考えております。

これから朝にやるべき、おすすめの習慣を紹介します。

少し早起きして、良い習慣を取り入れてみませんか?

朝におすすめの習慣

まず朝におすすめの習慣を紹介していきますよ。

朝におすすめの朝の習慣は下記になります!

また習慣を取り入れることで、得られる効果も紹介します。

人によっては、朝が弱い方もいらっしゃると思うので、無理しない範囲で実践してみてください。

では、いきましょう!

朝の習慣①軽い運動

朝におすすめする習慣として、軽い運動が挙げられます。

メリットとしては、目が覚めて気分がスッキリすることですね。

朝は副交感神経から交感神経に切り替わることで、目が覚めやすくなります。

軽い運動をすることで、うまく神経の切り替えをすることが。。。

散歩や軽い筋トレやストレッチなどがおすすめです。

しかし、激しい運動は禁物ですよ。

激しい運動は、体温を上げすぎてしまいます。

運動後に体温が下がると、眠気が襲ってきてしまいます。

運動にはたくさんのメリットがありますので、下記の記事も参考にしてみてください。

朝の習慣②日光浴

朝におすすめする習慣として、日光を浴びることが挙げられます。

メリットとしては、①の習慣と同じく、目が覚めて気分がスッキリすることですね。

また、免疫が作られやすくなることが挙げられますね。

日光を浴びることで、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌を抑制します。

また、日光を浴びると、ビタミンDが生成されます。

ビタミンDは免疫を増強する効果があります。

起床後、カーテンを開けて日光浴することをおすすめします。

朝の習慣③ニュースやスマホを見ない

朝におすすめする習慣として、ニュースやスマホを見ないことが挙げられます。

メリットとしては、脳に無駄な情報を与えないようにすることです。

また気分の低下を防ぐことができます。

朝は脳がリセットされており、脳の疲労が少ない状態です。

その状態でいろいろな情報を入れてしまうと、脳が疲れてしまいます。

ニュースは良いニュースだけでなく、悪いニュースもあります。

芸能人が不倫や麻薬をしていたなど。

ネガティブなニュースを見るだけでも、自身の気分を下げてしまします。

朝は極力、無駄な情報を入れないようにするために、ニュースやスマホを見ないことをおすすめします。

朝の習慣④水を飲む

朝におすすめする習慣として、水を飲むことが挙げられます。

メリットとしては、水を飲むことで腸を動かすことができ、自律神経を整えることができます。

腸の動きは健康を維持するうえで重要な要素です。

朝に水を飲むことで、腸の動きが活発になり、便意を促すことができます。

また自律神経を刺激することができ、体調を整えることも期待できます。

朝の習慣⑤シャワーを浴びる

朝におすすめする習慣として、シャワーを浴びることが挙げられます。

メリットとしては、目が覚めて気分がスッキリすることです。

しかし、熱いお湯で浴びるのは厳禁です。

①の習慣でも述べたとおり、体温が上がりすぎてしまい、シャワー後体温が下がることで、眠気に襲われることになります。

ちなみに朝シャワーすることで、寝癖も直すことができ、外見を整える上でも有効なのでおすすめですよ。

朝の習慣⑥読書や勉強

朝におすすめする習慣として、読書や勉強することが挙げられます。

朝に勉強や読書を行うことで、効率よく記憶できるからです。

朝は脳が疲れておらず、元気な状態のため、本や勉強の内容を記憶しやすいです。

少し早めに起床して、資格の勉強や読書してみるのはいかがでしょうか。

読書についての効果を下記の記事にまとめているので、読んでみてくださいませ。

朝の習慣⑦瞑想

朝におすすめする習慣として、瞑想することが挙げられます。

瞑想は宗教みたいで嫌悪する方もいらっしゃると思います

しかし、瞑想には様々な良い効果があります。

瞑想についての効果は下記の記事にまとめています。

心のモヤモヤの原因を認識するだけでも、心がスッキリします。

スッキリした気持ちで、朝からスタートダッシュをかけることができます。

朝の習慣⑧やることリストを作成

朝におすすめする習慣として、やることリストを作成することが挙げられます。

メリットしては、やることを決めておくことで時間節約になります。

朝一番にやることを決めておくことで、次やることを考えたり、迷ったりすることがなくなります。

その場でやることを考えたり、迷ったりする時間がなくなるため、時間の節約になります。

またやることを書き出しておかないと、忘れたりするんですよね。

頭の中で覚えているだけだと、脳に負担がかかります。

やることは多くならないようにしなくてなりません。

最初は、午前3つ、午後3つぐらいにしましょう。

キャパがあがってきたら、増やしても良いかもしれません。


まとめ

今回は朝にやるべき習慣を紹介させていただきました。

良い人生を送るために朝の習慣は大変重要と考えております。

少しでもいい習慣を取り入れていただいて、良い人生にしていただければ嬉しいです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓夜の習慣も!

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。