習慣

【スマホの習慣】デジタルデトックスの効果を紹介していきます【習慣編】

わかること
  • デジタルデトックスの効果
  • デジタルデトックスの方法
  • 手に入れる習慣:脱スマホ

お疲れ様です。クラークです。

あなたはスマホをどれくらい利用していますか?

この間、本の要約チャンネルで下記の本を紹介しているのを見たんです。

自分もスマホの使い過ぎを気にしていたので、まずは「StayFree」というアプリをインストールしてみました。(使用しているスマホがAndroidだったため。)

そしたら1日の平均5時間もスマホを使用していました・・・。(主にYouTube)

もはやスマホ依存な気がします。。。

1日の20%をスマホに費やしていると考えると大変のことかなと思いました・・。

脱スマホ依存に向けて、今回はデジタルデトックス(脱スマホ)の効果と方法を紹介していきます。

デジタルデトックスを実践して効果が出るのか、検証していきますよ!

では、いきましょう!

デジタルデトックスの効果

まず、デジタルデトックスはどのような効果があるのか紹介してきます。

デジタルデドックスをしてどのような効果があるかわからないと、実践する意味ないですからね!

では、いきましょう!

デジタルデトックス効果①時間を確保

デジタルデトックスの効果として、時間の確保ができることが挙げられます。

当たり前でしたね。

そりゃ、スマホを見なくなったら、その分時間ができますよね。

確保できた時間で、趣味を勉強など、他のことをすることができます。

私は確保した時間でブログを書いたり、大切な人と過ごすことをしたいです。

あなたは時間が確保できたら、何がしたいですか?

デジタルデトックス効果②睡眠の質の向上

デジタルデトックスの効果として、睡眠の質が向上できることが挙げられます。

スマホからはブルーライトという光が出ており、ブルーライトを浴びると体が覚醒状態になり、睡眠の質が落ちてしまいます。

スマホを使用する時間を減らすことで、ブルーライトを浴びる量が減らせるので、睡眠の質が向上させることができるみたいです。

デジタルデトックス効果③姿勢が悪くなりにくい

デジタルデトックスの効果として、姿勢が悪くなりにくいことが挙げられます!

スマホを見ていると、どうしても前屈みになってしまい、姿勢が悪くなってしまいますよね。

姿勢が悪くなると様々な不調がでてきて、肩こりや頭痛に繋がるそうです。

姿勢を良くするメリットを別記事にまとめました!

読んでみてくださいね!

デジタルデトックス効果④脳の疲れを軽減

デジタルデトックスの効果として、脳の疲れを軽減できることが挙げられます。

スマホを見ながらご飯、スマホを見ながらテレビを見るなどをしていませんか?

二つのことを同時にすることで、マルチタスクになってしまい、脳が疲労してしまいます。

マルチタスクは脳に負担をかけ、疲れさせる行為です。

ご飯中はご飯だけを食べるなど、シングルタスクにすることで脳の疲労を減らすことできます。


デジタルデトックスの方法

次はデジタルデトックスの方法を紹介していきます。

この方法を試してみて、脱スマホを目指していきましょう!

一緒に頑張ってみませんか?

では、いきましょう!

デジタルデトックス方法①スマホの使用時間を把握

デジタルデトックスをする方法として、スマホの使用時間を把握することです。

iphoneであれば「スクリーンタイム」を見ることでスマホの使用時間を知ることができます。

Androidであれば「StayFree」というアプリがおすすめです。

私もダウンロードしてみましたが、すぐにスマホの使用時間がわかり、シンプルなデザインなので見やすいと感じました。

もし良ければダウンロードしてみてください。

デジタルデトックス方法②SNSを削除

デジタルデトックスをする方法として、SNSを削除することです。

Twitterしていると、「いいね」が来てないかな?など、Twitterを開いてしてまったり・・・

SNSはスマホの使用時間を増加させる要員になります。

そこまで、TwitterなどのSNSが重要でなかったら、削除してしまうこともおすすめです。

どうしても、SNSを使用したいなら③〜⑤の方法も試してみてください。

デジタルデトックス方法③通知をオフにする

デジタルデトックスをする方法として、通知をオフにすることです。

私はほとんどの通知はオフにしています。(電話とショートメッセージは通知くるようにしています。)

やはり通知が来てしまうと、気になってしまいスマホを触ってしまう恐れがあります。

通知をオフにすることで、スマホに触りづらくなりますね。

個人的に効果は実感していますよ。

デジタルデトックス方法④道具を利用

デジタルデトックスの方法として、道具を利用することが挙げられます。

下記の商品がおすすめによく上がっていますね。

コンテナ内にスマホを入れることで、設定した時間になるまで取り出しが不可能になる商品です。

作業や仕事に集中したいときに便利かと!

もしスマホに触ってしまうなら一度お試しを!


まとめ

今回はデジタルデトックスの効果と方法を紹介していきました。

デジタルデトックスをして、時間を確保して自分のしたいことをしていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。