時短

【先延ばし厳禁】先延ばしを改善するメリットを紹介します【時短の習慣】

わかること
  • 先延ばしを改善するメリット
  • 先延ばしする人の特徴
  • 先延ばしを改善する方法

お疲れ様です。クラークです。

あなたは先延ばしをしてしまい、大変なことになったことはございませんか?

私もついつい先延ばしにしてしまうことはあります。

先延ばしすると、業務やプライベートで様々な支障が発生いたします。

今回は先延ばしを改善するメリットを紹介していき、合わせて先延ばしをする人の特徴なども紹介させてください。

先延ばしを改善していき、より良い人生をしていきましょう。

では、紹介していきます!

先延ばしを改善するメリット

まずは先延ばしを改善するメリットを紹介いたします。

先延ばしを改善するメリットは下記になります。

先延ばしをしないメリットを理解できれば、先延ばしをしないようになりますよ。

では、詳しく解説していきます!

先延ばしは1冊のノートでなくなる

新品価格
¥732から
(2022/3/9 10:50時点)

①ストレス緩和

まずは先延ばしを改善するメリットは、ストレスが緩和されることです。

物事を先延ばしすると、やることが片付いていかないので、どんどん山積していきます。

やることが山積すると、「やることを片付けないと」という自身に対する圧力により、ストレスが発生します。

先延ばしを改善することで、やることを片付けていくことができ、自身に対する圧力が減り、ストレスを緩和することが可能です。

②集中力の向上

次に先延ばしを改善するメリットとして、集中力を向上することです。

先延ばしにすると、やるべき仕事などが増えます。

やることが増えると、 頭の中で「やらないとなぁ」と思い返すことになり、集中力が低下を招く恐れが。

先延ばしを改善することで、思い返すことがなくなり、集中力の向上が期待できます。

③評価の低下防止

先延ばしを改善するメリットとして、評価の低下防止に繋がることです。

仕事において、業務を先延ばししてしまうと、業務の遅れに繋がり、職場からの評価が下がる恐れがあります。

先延ばしを改善することで、業務の遅れを防ぐことでき、評価低下を防止することが可能です。

④生産性の向上

最後の先延ばしを改善するメリットは、生産性の向上です。

先延ばし癖があると、業務を開始するまでに時間がかかり、生産性が低下します。

先延ばしを改善することで、業務を開始するまでの時間を短縮ができ、生産性が向上に繋がります。


先延ばし癖がある人の特徴

次に先延ばしする人の特徴を紹介していきますね。

先延ばしにする人は下記になります。

先延ばしをする人の特徴

自分に一つでも当てはまることがあれば、先延ばし癖の改善を試みてください。

では、詳しく紹介していきますね。

「後回し」にしない技術

新品価格
¥1,505から
(2022/3/9 10:46時点)

①楽観的な人

最初に先延ばし癖がある人の特徴は、楽観的な人です。

楽観的な人は、業務に対する見通しが甘くなる恐れがあります。

「この業務は3日で終わるだろう」と思っていたら、1週間がかかってしまったなど。。。

(私もあります・・・・。)

しかし、楽観的な人はストレスを抱えづらい傾向にあるので、一概に悪いとは言えません。

②完璧主義

次に先延ばし癖があるの特徴は、完璧主義が挙げらます。

完璧主義は何事も万全の準備をして挑みたいと思う傾向がある。

そのため、他のことがあると、万全な準備がてきないので、先延ばしにしがちです。

③失敗が怖い

失敗を怖がる人も先延ばし癖がある人の特徴です。

物事に取り掛かるときに、「失敗したらどうしよう」と不安に感じてしまいます。

頭の中に失敗した自分を思い浮かべてしまい、取り掛かるまで時間がかかってしまいます。


先延ばしを改善する方法

ここからは、先延ばしを改善する方法を紹介してきます。

先延ばしを改善する方法は下記です!

一つでも生活に取り入れみて、先延ばし癖を改善していきましょう。

では、いきます!

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

新品価格
¥1,426から
(2022/3/9 10:48時点)

①始める期限を設ける

最初に紹介する先延ばしを改善する方法は、始める期限を設けることです。

「終わらせる期限じゃないの?」と思う方も多いと思います。

終わりの期限だけを設定しても、先延ばしにしてしまい、始めることができません。

ここまでに始めると期限を意識することで、先延ばしを防ぎやすくなります。

②最悪の状況を考える

次に先延ばしを改善する方法は、最悪な状況を想像することが大事です。

この作業を終わらせないと起こり得る、最悪な状況を考えてみてください。

上司から依頼された仕事を先延ばしにするとどうなるか?

「上司からの評価を落とす」「顧客からクレームが来る」「同僚に迷惑をかける」など。。。

少し想像するだけでも、最悪のケースが考えられるはずです。

③タスクを細かくする

次に先延ばしを改善する方法として、タスクを細かくすることです。

タスクを細かくすることは、どういうことか?

「見積書の作成」というタスクがあるとします。いくつかの手順に分解ができます。

見積書作成
  • 協力会社から見積書を取得する
  • 見積書の下書きを作成
  • 提案資料の作成
  • 上司から承認をもらう

タスクを分解しても、先延ばしが改善されない場合、さらに分割してみましょう。

例として、「協力会社から見積書を取得する」では。

協力会社から見積書を取得する
  • 見積書の内容を検討。
  • 協力会社の選定。
  • 協力会社の連絡先を確認。
  • いつまでに見積書がほしいか考える。
  • 協力会社へ見積書作成を依頼するメールを作成。

「見積書を作成」より、「協力会社へ依頼」のほうが具体的かつ簡単ですよね。

一つのタスクを細分化することで、作業のハードルを低くすることが可能です。

④完璧主義をやめる

次に先延ばしを改善する方法として、完璧主義をやめることです。

先程も述べましたが、完璧主義は先延ばしにする原因になりえます。

以前、完璧主義を治す方法を下記にまとめましたので、読んでみてください。

⑤まず始めてみる

タスクをまず始めてみることも、先延ばし癖を改善する方法の一つです。

先の事を考えてしまい、面倒臭くなり、先延ばしにすることがありますよね。

「これをやって、次にこれ、次は。。。めんどーい!」

私も先の事を考えて、面倒臭くなることがありますが、まず始めてみると意外と続きます。

始めるまでは面倒くさいですが、始めてみるとサクサクと進めることができるものです。

⑥集中できる環境作り

先延ばし癖を改善する方法として、集中できる環境作りをすることです。

集中できる環境とは。

集中できる環境
  • すっきりしたデスク
  • スマホを近くに置かない
  • 湿度と温度
  • 照度

その他、色々と要素はあると思いますが、自分なりの集中できる環境を作ってみてください。

私は机の上が汚いと集中しづらいと感じるので、机の上はスッキリさせるようにしています。

デスクを綺麗にする方法を下記の記事にまとめたので、読んでみてください!

⑦習慣化する

最後に先延ばし癖を改善する方法として、習慣化してしまうことです。

例えば、歯磨きやシャワーを浴びるなど。

習慣化している行動を先延ばしにすることは、あまり無いですよね。

普段、先延ばしにしてしまうが、定期的にすることであれば、習慣化することをおすすめします。

習慣化する方法について、下記の記事にまとめましたので、読んでみてくださいね。

まとめ

今回は先延ばし癖を改善する方法を紹介させていただきました!

まず、先延ばし癖を改善するメリットを紹介しましたね。

次に先延ばし癖がある人の特徴を紹介してました。

先延ばしをする人の特徴

最後に先延ばし癖を改善する方法を紹介しました。

先延ばし癖を改善することで、ストレス緩和や生産性が向上するなどのメリットが得られます。

先延ばし癖を改善していき、より良い人生にしていきましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。