習慣

【夜の習慣】夜にするべきおすすめの習慣を紹介します!【習慣編】

わかること
  • 夜におすすめの習慣
  • 睡眠におすすめな習慣
  • メンタルにおすすめな習慣
  • 手に入れる習慣:夜の習慣

お疲れ様です!クラークです!

あなたは夜に何をしていますか?

「スマホを見ている」「趣味を楽しんでいる」「ボーッとしている」など、いろいろあると思います。

今回は夜にすると良いことがある習慣を紹介していきたいと思います!

私も実践して効果を実感しているものになります!

無理のない範囲で、習慣を取り入れていただいて、生活を向上していただければ嬉しいです。

夜におすすめの習慣

これから夜におすすめな習慣を紹介していきます。

これから紹介する夜におすすめの習慣は下記になります。

習慣を取り入れて、どのような効果があったかも書いてみますね!

もし良ければ、習慣を取り入れてみてくださいな。

少しでも良い人生にしていきましょう。

良い人生は人それぞれですけどね!

夜おすすめ習慣①読書・勉強する

夜におすすめの習慣として、読書・勉強をすることを挙げられます。

就寝前に勉強すると、記憶が残りやすくなります。

勉強した内容が睡眠によって整理され、記憶に残りやすくなります。

ダメ押しに朝にも勉強すると、さらに記憶しやすくなりますよ。

私も仕事で資格を勉強することがありますが、上記のような勉強をしていますね!

しかし、試験に落ちることはあります。。。笑

読書は知識の定着においてもおすすめですが、睡眠導入剤としてもおすすめですね。

難しい本を読むとめちゃくめちゃ眠くなります。笑

例えば、哲学の本。

読んでいても、チンプンカンプンですぐに眠くなります。

読書の効果は他にもたくさんあります。

読書の効果を下記の記事にまとめましたので、是非、読んでみてくださいね。

夜おすすめ習慣②日記を書く

夜におすすめの習慣として、日記を書くことが挙げられます。

今の自分の気持ちを日記に書くことで整理することができます。

嬉しかったこと、悲しかったことなど。

3つずつほど書き出すと、気持ちを整理できますが、難しければ1個でも大丈夫!

また、今日やったことを書き出すのもいいですよ。

例えば「仕事した」「洗濯した」「ゲームした」などなど。。

理由としましては、やったことを書き出すと充実感を得られます。

充実感は睡眠において大事だと、個人的には考えています。

私は夜更かしをしてしまうときがありますが、理由の一つとしては「今日は頑張ってないな」と思ってしまいます。

そのため、何かしないといけないと思い、夜更かしをしてしまうときがあります。

気持ちを書くこと。

今日やったことを書く。

この2つは日記を書く題材としてはおすすめです。

私はルーズリーフの紙に書いていますが、面倒であればスマホの日記アプリでもいいかもしれませんね。

私は続きませんでした。笑

夜おすすめ習慣③入浴する

夜におすすめの習慣として、お風呂に入ることが挙げられます

お風呂に入ることで、リラックス効果を得ることができます。

入浴で体温が上がり、体温が徐々に下がってくることで、眠くなってきます。

そのため、睡眠の質の向上につながりますよ!

入浴する効果は下記の記事にまとめましたので、是非見てみてください!

夜おすすめ習慣④スマホを見ない

夜におすすめの習慣として、スマホを見ないことが挙げられます。

スマホにはブルーライトが発せられています。

ブルーライトを浴びると、体が昼間と勘違いしてメラトニンが分泌されてしまい、目が冴えてしまいます。

目が冴えてしまうと、睡眠の質が下がってしまいます。

睡眠の2時間前にはスマホを見るのをやめたいものですが、難しいと思うので、スマホのライトを低くするなどの対策をしてもいいかもしれないですね。

スマホを見る時間を減らす方法を下記の記事にまとめたので、読んでみてください!

夜おすすめ習慣⑤目元を温める

夜におすすめの習慣として、目元を温めることが挙げられます。

朝、目覚めたときの目元のスッキリ感は感動モノです。

個人的には、毎日やることはおすすめしません。

何故かといいますと、段々とスッキリ効果が薄まるからです。(個人的感想ですが。。。)

本当に疲れたとき、またはちょっとしたご褒美のときに目元を温めるようにしています。

おすすめは「蒸気でホットアイマスク」

個人的には、ゆずの香りがおすすめです。

様々な香りがあるので一度試してみてください!

夜おすすめ習慣⑥足下を温める

夜におすすめの習慣として、足下を温めることが挙げられます。

私の家は、冬場はとても厳しい寒さになります。

木造のアパートなもので。。。

足下がキンキンに冷えてしまうので、靴下を履くようにしており、ユニクロの靴下を履いてます。

就寝前には、靴下を脱ぐをようにしています。

靴下を脱がないまま就寝すると、足から熱が放出されず、睡眠の質が下がってしまいます。

足が冷えてしまうと、ツライので足下を温めることをおすすめします。

夜おすすめ習慣⑦瞑想する

夜におすすめの習慣として、瞑想することが挙げられます。

瞑想することで、リラックス効果を得ることができ、睡眠の質をあげることができます。

5分でも良いので瞑想をしてみてください。

私はタイマーを使用して、5分間瞑想をするようにしていました。

最近はベットに寝ながら瞑想をしています。

個人的には、結構リラックスできながら、夢を見ることができます。

瞑想の効果とやり方は、下記の記事にまとめていますので見てみてください。


まとめ

今回は夜におすすめの習慣を紹介しました。

今回紹介した夜におすすめの習慣は下記になります。

できる範囲で習慣を取り入れてみて、より良い人生にしていきましょう。

今日もお読みいただいて、ありがとうございました!

またよろしくお願いしますね!

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。