健康

【集中力を上げる習慣】カフェインを摂取するメリットを紹介します【健康の習慣】

わかること
  • カフェインを摂取するメリット
  • カフェインの多量に摂取するデメリット
  • カフェインの適切な摂取方法

お疲れ様です!クラークです。

あなたはカフェインを定期的に摂取していますか?

カフェインを適切に摂取することができれば、様々なメリットがございます。

例えば、眠気を覚ますなど。

今回はカフェインを摂取するメリットを紹介していきますよ。

また、適切なカフェインの摂取方法も紹介していきます。

適切にカフェインを摂取していかないと、デメリットもあるんです。。。

カフェインを過剰に摂取するデメリットも併せて説明していきますね。

では、いきましょう!

カフェインを摂取するメリット

最初にカフェインの摂取するメリットを紹介していきますよ。

カフェインを摂取するメリットは下記になります。

カフェインを摂取するメリットを詳しく紹介していきます。

では、いきましょう!

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 ブラックインボックス 産地アソート 50本 【 スティックコーヒー 】【 プチギフト 】【 コーヒー つめあわせ 】【ブラジル・ブレンド、モカ・ブレンド各15本、コロンビア・ブレンド、キリマンジャロ・ブレンド各10本】

新品価格
¥1,009から
(2021/12/27 19:31時点)

カフェインのメリット①鎮痛効果

カフェインのメリットとして、鎮痛効果があるとされています。

カフェインには、血管を収縮する働きがあるので、血管が拡張することで起こる、痛みを抑えることができるとされています。

頭痛薬などの薬にもカフェインが使用されていますよ。

カフェインのメリット②眠気覚まし

次にカフェインを摂取するメリットとして、眠気覚ましになることです。

脳内にはアデノシンという物質が存在しています。

アデノシンは眠気を誘う物質ですが、そのアデノシンとカフェインが結合することで、アデノシンの働きを抑えることができます。

アデノシンの働きを抑えることで、脳を覚醒させることが可能です。

また、覚醒作用により疲労軽減効果があるので、長時間の活動にも一役買います。

カフェインのメリット③脂肪燃焼作用

最後のカフェインのメリットとして、脂肪燃焼作用があることです。

脂肪細胞中の脂肪を分解する酵素を活性化させる作用があり、脂肪の分解促進を促すと言われています。

脂肪を燃焼させる効果も期待できます。


カフェインのデメリット

次にカフェインを多量に取るデメリットを紹介していきますね。

カフェインは摂取方法を間違えると、体に悪影響が。。。

カフェインを多量に摂取するデメリットは下記になりますよ。

カフェインのデメリットについて、詳しく紹介していきます。

カフェインを摂取していて、症状が出たらカフェインの摂取を減らしましょう。

AGF ブレンディ レギュラーコーヒー ドリップパック スペシャルブレンド 100袋 【 ドリップコーヒー 】

新品価格
¥1,961から
(2021/12/27 19:33時点)

カフェインのデメリット①カフェイン中毒になる

カフェインのデメリットとして、カフェイン中毒になる恐れがあることです。

カフェイン中毒になると、下記のような症状に見舞われます。。。

カフェイン中毒の症状
  • 胸痛
  • めまい
  • 興奮
  • 不安
  • 震え
  • 不眠
  • 消化器官が刺激による下痢や吐き気、嘔吐

カフェイン中毒の症状は恐ろしいですね。

カフェイン中毒になるカフェインの摂取量は、1日500mg以上と言われています。

体質によって、中毒になる摂取量は異なりますが、目安として500mg以下を心がけましょう。

カフェインのデメリット②腹痛

カフェインのデメリットとして、腹痛を起こす恐れがあります。

カフェインを大量に摂取すると、胃が刺激されて胃酸が過剰に分泌されてしまいます。

胃酸が過剰に摂取されると、胃壁が荒れてしまい、腹痛を引き起こしてしまうんです。

カフェインの摂取量は注意する必要がありますね。

カフェインのデメリット③冷え性になる

カフェインのデメリットとして、冷え性になる恐れがあることです。

「カフェインは体温が上げるんじゃないの?」と思われる方もいると思います。

カフェインは適切な量なら、体温を上げる効果が期待できます。

しかし、カフェインを大量に摂取すると、交感神経が過剰に刺激され、自立神経が乱れます。

自立神経が乱れると、血行が悪くなり冷え性に繋がるんです。


適切なカフェイン摂取方法

次に適切なカフェイン摂取方法を紹介させていただきます。

カフェインを適切な方法で摂取しないと、上記のメリットを享受することできません。

最悪、体調を崩すことがあります。

適切なカフェイン摂取方法は下記になります。

上記の摂取方法を守ることで、カフェインのメリットを享受することが可能です。

カフェインの摂取には、注意していきましょう!

カフェインの摂取方法①15時以降は摂取しないようにする

カフェインの摂取方法として、15時以降に摂取しないようにすることです。

カフェインの覚醒効果は、8時間ほど続くとされています。

カフェインを摂取する時間を15時までにしておかないと、睡眠時間中にもカフェインの覚醒効果が続いてしまい、睡眠に対して悪影響が。。。

23時に就寝すると考えると、カフェインを摂取するのは、15時までにしたほうが良いです。

カフェインの摂取方法②摂取量を守る

カフェインの摂取方法として、適切な摂取量を守ることです。

カフェインの1日最大摂取量を400mgとされており、1度の摂取量は200mgとされております。

400mgがどれくらいの量かといいますと、下記になりますよ!

飲み物摂取量
コーヒーマグカップ2杯半
紅茶ティーカップ10杯

年齢や体格によって、適正な摂取量は違います。

実際に飲んでみて体調を確認しつつ、自分に適切なカフェイン量を探ってみましょう。

カフェインの摂取方法③短期間でカフェイン摂取をやめる

カフェインの摂取方法として、短期間、カフェイン摂取をやめることをおすすめします。

カフェインを長期間摂取すると、体内に耐性ができるため効果が薄れます。

効果が薄れると、効果を実感するのに多量のカフェインが必要に。

カフェインを大量に摂取すると、カフェイン中毒になり、とても健康に悪いです。

1週間に1度ほど、カフェインをやめる日を作ってみましょう。

カフェインを断つ日を作ることで、カフェイン中毒を防ぎ、効果を持続させることが可能です。

まとめ

今回はカフェインのメリットなどを紹介させていただきました。

まずはカフェインのメリットから紹介しましたね。

次にカフェインを大量に摂取するデメリットを紹介しました。

カフェインの摂取量には注意する必要がありますね。

最後にカフェインの適切な摂取方法を紹介しました。

カフェインの摂取方法は下記になりますね。

カフェインを適切に摂取しないと、カフェインのメリットを享受できません。

適切にカフェインを摂取していき、健康的な生活にしていきましょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また読んでいただけると嬉しいです。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。