健康

【加湿の習慣】お部屋を加湿する効果を紹介していきます【健康の習慣】

わかること
  • 乾燥するデメリット
  • 加湿のメリット効果
  • お部屋を加湿する方法

お疲れ様です。クラークです。

あなたは、お部屋内をちゃんと加湿をしていますか。

冬場は空気が乾燥して、湿度が低くなりがちです。

湿度が低くなってしまうと、様々な悪い影響が出てきてしまいます。

今回はお部屋内を加湿する効果について紹介していきたいです。

乾燥のデメリットや加湿方法についても、併せて紹介していきますよ。

では、いきましょう!

乾燥するデメリット

まずは、お部屋が乾燥するメリットを紹介していきます。

お部屋が乾燥するデメリットは下記になりますよ。

お部屋が乾燥していると、喉を痛めたり、風邪を引きやすくなるデメリットがあります。

乾燥するデメリットについて、詳細を紹介してきますね。

では、いきましょう!

乾燥するデメリット①肌が乾燥する

まずは乾燥するデメリットとして、肌が乾燥することが挙げられます。

お部屋内が乾燥すると、肌の水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥しがちです。

肌が乾燥すると、肌が荒れたり、吹き出物ができたり、痒みが発生したり。

様々な肌トラブルのリスクが出てきてしまいます。

乾燥するデメリット②喉を痛める

次の乾燥するデメリットは、喉を痛める恐れがあります。

咽喉に粘膜があり、乾燥していると咽喉の粘膜が減少してしまいます。

粘膜が減少してしまうと、咽喉が乾燥してしまい、咽喉に炎症が発生する恐れが。

咽喉が炎症を起こすことで、喉を痛めてしまいます。

乾燥するデメリット③風邪を引きやすくなる

乾燥するデメリットとして、風邪を引きやすくなる恐れがあります。

前述しましたが、乾燥をすると粘膜が減少してしまいますね。

咽喉の粘膜には、ウィルスや菌の侵入を防ぐ働きがあるんです。

乾燥によって、粘膜が減少すると、ウィルスなどが侵入されやすくなります。


加湿するメリット効果

次に加湿するメリット効果について、紹介していきますよ。

加湿するメリット効果は下記になります!

加湿することで、風邪が引きやすくなったりなど、様々なメリット効果が。

乾燥を防ぐというのは、当たり前なので省略しています。。。

加湿するメリット効果を紹介していきますよ。

では、いきましょう!

加湿するメリット効果①ウィルスの活動を抑制

最初に紹介する加湿するメリットは、ウィルスの活動を抑制する効果についてです。

湿度が40%以下になることで、ウィルスの浮遊時間が長くなります。

ウィルスの浮遊時間が長くなることで、ウィルスを吸い込むリスクが上昇。

湿度を上げることで、ウィルスの浮遊時間が短くなるため、感染のリスクを減少させることが可能です。

加湿するメリット効果②静電気の抑制

次に加湿するメリット効果として、静電気の抑制です。

湿度が低下すると、水分が蒸発することは先ほども記述しました。

水分が蒸発することで、物質自体に帯電してしまし、静電気が発生します。

湿度があれば、代わりに水分から放電してくれるので、静電気の発生を抑制できますね。

加湿するメリット効果③体感温度の上昇

最後に加湿するメリット効果として、体感温度が上昇します。

人が快適に感じる湿度が40%〜60%とされていますね。

適切な湿度があれば、同じ温度でも体感温度が上がるんです。

こちらのサイトで、体感温度を計算することができます。

湿度を下がると、体感温度が下がることがわかりますよ。


加湿をする方法

最後に加湿する方法を紹介してきますよ。

加湿する方法として、下記の方法が考えられます。

加湿する方法として、加湿器を使用するなどが挙げられますね。

加湿する方法について、詳細を紹介してきますよ!

では、まいります。

加湿をする方法①加湿器の使用

まず加湿する方法として、加湿器を使用することです。

これが一番、考えられる方法ではないでしょうか。

私の家でも、湿度を上げるため、加湿器を使用しています。

加湿器を使用してから、起床後に喉の痛みが無くなりました。

象印 加湿器 3.0L 木造和室8畳・プレハブ洋室13畳対応 スチーム式 蒸気式 フィルター不要 お手入れ簡単 自動加湿2段階 入タイマー&切タイマー搭載 ホワイト EE-RQ50-WA

新品価格
¥13,000から
(2022/1/2 19:37時点)

加湿をする方法②お湯を沸騰させる

次に加湿をする方法として、お湯を沸騰させることです。

沸騰させることで、水蒸気が発生するので湿度を上げることができます。

鍋に水を入れて、ガスコンロなどで水を沸騰させればできるので、お手軽です。

ただ火を使用しているので、取り扱いには注意が必要ですね。

加湿をする方法③洗濯物を部屋干し

最後に加湿する方法として、洗濯物を部屋干しをすることがおすすめです。

洗濯物を部屋干しすることで、洗濯物から水分が蒸発して、加湿することができます。

部屋干しをすると、部屋干し臭には気をつけるようにしてください。

部屋干し臭を防ぐ方法として、こちらのサイトを閲覧することをおすすめします。

まとめ

今回はお部屋を加湿するメリット効果を紹介しました。

まずは、乾燥するデメリットを紹介しましたね。

肌が乾燥したり、喉を痛めるなどのデメリットがあります。

次に加湿するメリット効果について、紹介していきました。

加湿するメリット効果は下記になります。

ウィルスの活動を抑制したり、体感温度の上昇のメリット効果が期待できます。

最後にお部屋を加湿する方法を紹介していきました。

加湿をする方法として、加湿器を使用するなど、様々な方法がありました。

お部屋内を加湿して、適性な湿度を維持することで、様々なメリット効果があるので試してみてくださいね。

今回は最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。