時短

【お掃除を時短】お掃除ロボットのメリット・デメリットを紹介します【時短編】

わかること
  • お掃除ロボットのデメリット
  • お掃除ロボットのメリット
  • 時短できること:床掃除

お疲れ様です。クラークです。

掃除って面倒ですよね。。。

掃除好きなら問題ないと思いますが、床掃除はとくに面倒です。

お掃除時間を撲滅すべく、お掃除ロボットを購入しました!

購入した結果ですが。。。

お掃除ロボットを愛用しています!

今日はお掃除ロボットをについて、簡単にデメリットとメリットを紹介したいと思います。

下記の商品を使っての経験談になりますのでご了承ください。

お掃除ロボットのデメリット

最初にお掃除ロボットのデメリットを紹介していきますよ。

お掃除ロボットのデメリットは下記になります。

便利なお掃除ロボットでも、できないことはどうしてもあります。

これから、デメリットの詳細を紹介していきますね!

では、いきましょう!

デメリット①部屋隅の埃が取れない

お掃除ロボットによって違うかもしれないですが、部屋隅の埃が取りづらいです。

私はズボラな性格なので、あまり気になりません。笑

もし埃が気になったとき、ティッシュなどを使ってふき取っています。

デメリット②カーペットの掃除できない

お掃除ロボットによって違うかもしれないですが、 カーペットに引っかかって掃除できないものがあります。

余談ですが、我が家にはカーペットを敷いてあったので、カーペットの上は掃除できてなかったです。

お掃除ロボットがカーペットに引っかかって、動けなくなっているときがありました。

前々から「カーペット邪魔だな・・・」と思っていたので、いい機会だなと思って捨てました。

正直、カーペットは不要なので捨ててもOKだと思います。

デメリット③部屋が綺麗じゃないと使えない

床に色々モノが置いてあると、うまく掃除できない場合があります。

例えば、電気製品のコードやクッションなどが置いてあると、引っかかって動けなくなる場合があります。

お掃除ロボットが掃除できるようにモノをしまうなど、環境を整える必要があります。


お掃除ロボットのメリット

次にお掃除ロボットのメリットを紹介していきます。

お掃除ロボットのメリットは下記になると考えています。

詳しく解説していきます!

では、いきましょう!

メリット①労力軽減

掃除機やコロコロなどで自身の体を動かして、掃除する必要がないので労力軽減になります。

私はお掃除ロボット購入前は、コロコロとクイックルワイパーを使っていました。

床掃除するのは多少面倒とは思っていたので、お掃除ロボットにして面倒が減りました。

メリット②床掃除の時間短縮

朝の出勤前にお掃除ロボットを起動させて、掃除をさせています。

帰宅した頃には、床掃除が完了しているんですよ。

掃除する時間を、他の事をする時間に充てることができます。

私は読書や動画を見る時間に充てています。


まとめ

今回はお掃除ロボットのデメリットとメリットを紹介しました。

お掃除ロボットのデメリットは下記になります。

続いて、お掃除ロボットのメリットは下記になります。

お掃除ロボットは万能ではないですが、労力軽減や時間短縮につなげることができます。

人によって好みがあるとは思いますが、もし興味がありましたら、購入してみてください。

下記のリンクでは、お掃除ロボットを詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。