時短の習慣

【判断時間の時短】選択肢を減らす方法を紹介していきます【時短の習慣】

sentakushi
わかること
  • 選択肢を減らすメリット
  • 選択肢を減らす方法
  • 手に入れる習慣:選択肢を減らす

お疲れ様です!クラークです!

あなたは疲れやすく感じたことはないでしょうか。

あなたが疲れやすくなっている原因の一つとして、日常生活で選択肢が多いかもしれません。

選択肢が多いと判断する回数が増えてしまい、「判断疲れ」を引き起こしている恐れがあります。

人は1日判断回数は35,000回と言われているそうです。

判断回数が増えるほど、「判断疲れ」により正常な判断ができなくなるかも。

今回は選択肢を減らす方法を紹介していきますよ!

選択肢を減らすことで、様々なメリットがあると考えています。

選択肢を減らして、メリットを享受していきましょう!

では、いきます!

選択肢を減らすメリット

まずは選択肢を減らすメリットを紹介していきますよ!

選択肢を減らすメリットは下記になります。

選択肢を減らすメリットを知ることで、選択肢を減らすことを習慣化しやすいです。

では、早速いきましょう!

選択肢を減らすメリット①ストレスの軽減

選択肢を減らすメリットとして、ストレスが軽減することが挙げられます。

多くの選択肢から選ぶことは、とてもストレスがかかることです。

ジャムの法則はご存知でしょうか?

ジャムの法則とは?

コロンビア大学が実施した実験。

ジャム売り場で、6種類のジャム24種類のジャムを売り出し、

どちらが多く売れるか実験しました。

上記の実験を実施した結果、6種類のジャムの方が購入率が高いことが判明しました。

実験結果

6種類のジャム:ジャムを試食した人の30%が購入

24種類のジャム:ジャム試食した人の3%が購入

購入率に10倍ほど差があることが研究結果でました。

この実験では、選択肢が多いとストレスを感じ、購入が遠ざかることが推測されます。

確かに24種類のジャムから選んで購入するのは、骨が折れそうですよね。

以上の研究結果から、選択肢を減らすことでストレスの軽減が期待できそうです。

話は少し変わりますが、フェイスブックの「マークザッカーバーグ」氏や「スティーブジョブズ」氏なども、着る服を固定していました。

それは重要な決断をすることが多いので、その他の雑多なことに選択するのに、判断力を使いたくないとのこと。

選択肢を減らすことで、「判断疲れ」によるストレスを軽減することができます。

選択肢を減らすメリット②時間の節約になる

選択肢を減らすことにより、選ぶ時間が減らすことができるので、時間の節約になります。

「服を選ぶ」「履く靴を選ぶ」「何を食べるか」私たちは選択する機会がいろいろありますよね。

ある程度、選択することを減らすことで、選択する時間を減らすことが可能です。

時間を節約することで、時間をゆったりと使うことができ、他の重要なことに時間を使うことができますね。

選択肢を減らすメリット③やりたいことに集中できる

選択肢を減らすメリットとして、やりたいことに集中できることが挙げられます。

選択肢を減らすことで、雑多のことを選択することが必要なくなりますよね。

選択することを減らすことで、ストレスが掛からなくなるので、やりたいことに集中することが可能です。s

選択肢を減らして、やりたいことに集中していきましょう!


選択肢を減らす方法

選択肢を減らすメリットを紹介させていただきました。

続きまして、選択肢を減らす方法を紹介していきます。

選択肢を減らす方法は下記になりますね。。。

選択肢を減らす方法について、詳しく紹介していきますね!

では、いきましょう!

選択肢を減らす方法①選択肢を固定化する

まずは選択肢を固定化をすることが方法として挙げられます。

色んな選択肢を固定化することで、判断する回数を減らすことが可能です。

例えば、固定化すること選択肢は下記になりますね!

固定化する選択肢
  • 何を着るか
  • 何を食べるか
  • 使う日用品
  • 寝る時間
  • 朝起きて何をするか などなど。。。

「何を着るか」については、先ほども記述しましたが、固定化する人もいます。

個人的には、着る服を固定化するのは、難しいじゃないかなと。。。

下記の記事で服の着回しについて、解説しておりますので、読んでみてください。

自分のできる範囲で、選択肢を固定化してみましょう。

判断する回数が減り、ストレスが減少するはずです。

選択肢を減らす方法②やることを減らす

次に「やることを減らす」ことも、選択肢を減らす方法としておすすめです。

例えば、家事。

家事は何をするか判断する機会が多く、判断疲れを起こしかねません。

やることを減らす方法としては、下記などが挙げられますね。

やることやることを減らす方法
床掃除お掃除ロボットを使用
洗濯物を干す乾燥機付洗濯機
買い物に行くネットスーパーやアマゾンで購入
ヒゲを剃るヒゲ脱毛

などなど。。。

日常生活で時短できることを下記の記事にまとめました。

時間がありましたら、読んでみてくださいね!

選択肢を減らす方法③ものを減らす

次に「ものを減らす」ことで、選択肢を減らすことが可能です。

ものが多いと「片付ける」という「やること」が発生し、どこにものを片付けるかを判断しないといけません。

また、色んなものを持っていると、何を使うかで判断する回数が増えてしまいます。

例えば、食器。

食器を大量に持っていたら、どの食器を使うか選択肢が増えてしまい、判断する必要が出てきてしまいます。

ものが多いと、「どのものを使うか」「ものをどこにしまうか」選択をする必要が出てきてしまいます。

そのため、ものが多いと判断疲れにつながる原因が増えてしまいます。

ものが多いデメリット
  • 片付ける必要が出てくる。ものが多ければどこに片付けるか判断が必要。
  • ものを多くすると、どれを使うか判断が必要。選択する機会が増えてしまう。

まとめ

今回は選択肢を減らす方法を紹介させていだきました!

まずは選択肢を減らすメリットを紹介しました。

選択肢を減らすメリットは下記になります。

選択肢を減らすメリットを説明したうえで、選択肢を減らす方法を紹介いたしました。

選択肢を減らす方法は下記になります。

日常生活において、選択肢を減らしてみて、判断疲れを減らしてみてくださいね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。