人間関係

【目指せ大人!】精神年齢の上げ方を紹介していきます【人間関係編】

わかること
  • 精神年齢を上げるメリット
  • 精神年齢を上げる方法

お疲れ様です。クラークです。

あなたは精神年齢は何歳くらいでしょうか。

精神年齢が低いと、わがままであったり、筋を通さなかったり、あまり好ましくない印象を相手に与えてしまいます。

今回は精神年齢を上げ方を紹介していきましょう。

精神年齢を上げる方法を紹介するとともに、精神年齢を上げるメリットも紹介していきますね。

では、紹介していきます!

精神年齢を上げるメリット

精神年齢

最初に精神年齢を上げるメリットを紹介していきます。

私が紹介する精神年齢を上げるメリットは下記になりますよ。

精神年齢を上げるメリットとしては、余裕を持てたり、人の気持ちに寄り添えることが挙げられます。

精神年齢を上げて、様々なメリットを享受していきましょう!

①余裕を持てる

余裕

まず精神年齢を上げるメリットとしては、余裕持てることが挙げられますよ。

精神年齢が高いと、多少の失敗やトラブルではうろたえることが無くなります。

失敗やトラブルは自身を成長につながり、周囲の人たちの教訓になることを理解しているからです。

また経験値を積み重ねているので、失敗やトラブルに対して、冷静に対処することができます。

②人の気持ちに寄り添える

次の精神年齢を上げるメリットとしては、相手の気持ちに寄り添えることです。

精神年齢が高い人は、表面的な態度や言動だけで相手の気持ちを判断しません。

態度や言動の裏側にある気持ちを読み取り、気持ちに寄り添います。

「なぜあんな行動、言動をとるのか?」と自分の中で考え、相手の気持ちを理解することに努めています。

③正しい判断ができる

判断

正しい判断ができることも、精神年齢を上げるメリットのひとつです。

ひとつの事象に対しての判断に、絶対的に正しいものなんてありません。

状況によって、どのような判断をするか変わってくるからですね。

精神年齢が高い人は、そのことをわかっており、臨機応変に判断して対応することが可能です。

④感情的にならない

次の精神年齢が高くするメリットとしては、感情的にならないことです。

精神年齢が高い人は、感情コントロール力がとても高く、感情的になることが少ない。

感情的になりそうな状況でも、自分自身を客観視して気持ちを見つめます。

⑤相手に流されない

精神年齢

最後の精神年齢が高いメリットとしては、相手に流されないことです。

自身の価値観や強みを把握していることも、精神年齢が高い人の特徴です。

価値観や強みを把握することで、自分軸を作ることができ、相手に流されることがなくなります。

相手に流されるがまま行動すると、相手からも「信念がない」「頼りない」印象を与えてしまう恐れがありますね。


精神年齢を上げる方法

精神年齢

次に精神年齢を上げる方法を紹介していきましょう。

私が紹介する精神年齢を上げる方法は下記になります。

自己理解することや、様々な経験を積むことで精神年齢を上げることが可能です。

では、紹介していきましょう。

①自己理解をしておく

自己理解

まず、精神年齢を上げる方法としては、自己理解することです。

ここでいう自己理解とは、自身の価値観、強み、好きなことを把握して理解すること。

精神年齢を上げるメリットで紹介しましたが、自己理解することで、自分軸を作ることができ、相手に流されることが少なくなります。

自己理解をするためにおすすめの書籍があります。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

新品価格
¥1,427から
(2022/8/4 11:40時点)

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

新品価格
¥1,808から
(2022/8/4 11:41時点)

こちらの書籍は自己理解するのに、とても便利な書籍なので読んでみてください。

強みを理解する書籍について、記事もまとめていますので、合わせて読んでいただければ幸いです。

②失敗を認める

次の精神年齢を上げる方法としては、失敗を認めることです。

精神年齢が幼いと、失敗を認めることができず、失敗の原因を他者のせいにしたりします。

まずは失敗したことを認めましょう。自分が原因であることを。

失敗を認めることで、初めて失敗に対して、反省や対策を考えることができます。

失敗を他者のせいにせず、自分が原因であることを認めましょう。

③いろいろな経験をする

経験

次に色々な経験をすることも、精神年齢を上げる方法のひとつです。

経験は何でもいいです。旅行やおいしい店に行ってみる。

綺麗な景色をみたり、美術館に行って教養を深めてみたり。

自分の興味があること、無いことでも様々な経験を積んでみましょう。

④自分を客観視する

自分を客観視することも、精神年齢を上げることが可能です。

自分自身の気持ちを客観視するクセをつけておきましょう。

自身の気持ちを客観視をする方法としては、日記や瞑想などがおすすめです。

日記や瞑想についてまとめた記事を下記に貼りますので、お時間がありましたら読んでみてくださいね。

⑤他人の立場を考える

考える

最後の精神年齢を上げる方法として、他人の立場を考えることです。

精神年齢が低い人は、自分のことしか考えられないことが多い。

例えば、自分都合で日時を決めたり、相手の行動に対して納得できないと感情的になる。

相手の行動に納得できないことがあると思いますが、納得できないから感情的になるのは話が違います。

納得できないことは、感情的にならず話し合うことが大切です。

感情的にならないようにするためには、相手の立場を考えること。

納得できない行動する人には、何か理由があるかもしれません。


まとめ

本日は精神年齢を上げる方法を紹介させていただきました。

まずは精神年齢を上げるメリットを紹介しましたね。

相手に流されない。感情的にならないことが精神年齢を上げるメリットとして挙げられますね。

次に精神年齢を上げる方法を紹介しましたね。

精神年齢を上げる方法については、下記になりますよ。

失敗を認めたり、自分を客観視をすることが精神年齢を上げる方法として重要です。

精神年齢を上げて、余裕のある、落ち着いた大人を目指していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。