健康

【喫煙のメリットも】喫煙のデメリットについて紹介します!【健康編】

わかること
  • 喫煙のメリット
  • 喫煙のデメリット

お疲れ様です!クラークです。

あなたは普段喫煙をしていますでしょうか?

私は喫煙したことはありませんが、喫煙することは人生において、メリットとデメリットがあると考えています。

今回は喫煙するメリットとデメリットを紹介させていただきますね。

喫煙のメリットとデメリットを聞いて、今後禁煙するかを考えてみてください。

個人的には、喫煙をしないほうがいいかと。。。

では、いきましょう!

喫煙のメリット

まずは喫煙のメリットを紹介させていただきます。

喫煙のメリットは下記になりますよ!

人間関係の構築や精神的にプラス効果があるかもしれませんね。

では、喫煙のメリットについて、詳しく紹介していきます。

①人間関係の構築

喫煙

まずは喫煙するメリットとしては、人間関係の構築です。

喫煙者は仕事中、同僚と喫煙をしにいくことが多々あるかと思います。俗にいうタバココミュニケーションです。

私も仕事中にタバココミュニケーションをしに行く人を度々見かけますね。

同僚や上司とタバココミュニケーションすることで、仕事も円滑に進めることができる効果があります。

私はランチなどコミュニケーションすればいいと思いますが。。。

人間関係の構築方法は人それぞれです。

「タバコと健康」真実の話 美しい分煙社会をめざして (『コンフォール』愛蔵版)

新品価格
¥3,135から
(2022/5/11 12:26時点)

②リラックス効果

次に喫煙するメリットとしては、リラックス効果があることです。

喫煙をするとリラックスできる人もいるでしょう。

しかし、それはニコチン不足で禁断症状が出ている状態で、喫煙することでリラックスしているだけです。

これをメリットというかどうかは、怪しいですかね。。

③やる気が出る

最後に喫煙をするメリットとして、やる気が出ることです。

タバコに含まれるニコチンがドーパミンを分泌させるので、やる気が出やすくなります。

しかし、ニコチンは有害物質なので、なんとも言えないですが。。。


喫煙のデメリット

喫煙デメリット

喫煙のメリットをあげたところで、デメリットも紹介していきましょう!

喫煙のデメリットは下記になります!

消費が増えてしまったり、自他ともに健康被害を発生させてしまう恐れがありますね。

今回は5つのデメリットを挙げましたが、まだまだデメリットはありました。。。

喫煙には歯にも悪影響があります。歯の健康を保つ記事も書いているので、読んでみてください。

喫煙のデメリットについて、詳しく紹介していきましょう!

①消費が増える

喫煙デメリット

お金の消費が増えることが喫煙をするデメリットになりますね。

定期的に購入するタバコの費用はバカにできません。

厚生労働省の調査により、1日喫煙するタバコの平均本数は約20本。大体一箱ですね。

1箱が600円ですから、1ヶ月で18,000円、年で216,000円。

1箱の金額は対したことはないですが、積み重ねると大きな金額になります。

②がんの発生率があがる

次に喫煙するデメリットとしては、がんの発生率があがることです。

喫煙をすることで、特に肺がんの発生率が上がってしまいます。

肺がん以外にも、食道、胃、肝臓がんなどの発生率が上昇する可能性が高いです。

がんに罹患すると、身体、金銭的にも負担が大きいので、がんにならないことに越したことはないですよね。

③一部の人間から嫌われる

喫煙デメリット

喫煙者を毛嫌いする人がいるのも、喫煙するデメリットのひとつです。

男女ともに、交際者には非喫煙者であることを条件にしている人もいますね。

こちらのサイトのアンケートでは、喫煙者は恋愛対象に入らない人が50%と結果が出ています。

喫煙することで交際できる可能性を潰してしまう恐れがあります。

④ニコチン依存症の恐れ

次の喫煙をするデメリットとしては、ニコチン依存症になる恐れがあります。

ニコチン依存症は私生活や仕事にも悪影響が出る可能性が高いです。

ニコチンが切れるといらいらする。身体が不調なのに喫煙してしまう。

また、仕事中に頻繁に喫煙することで、仕事の進行に支障が出る恐れがあります。

⑤周りに人間にも被害が

喫煙デメリット

最後の喫煙するデメリットとしては、タバコから出る煙によって周りの人間にも悪影響が出ることです。

タバコの先端から出る煙を副流煙といい、喫煙者が吸う煙を主流煙と言いますが、副流煙に含まれる有害物質は、主流煙と比べ、何倍も多く含まれています。こちらのサイトを参照

喫煙者本人より、周りの人に悪影響を与えてしまいます。

タバコを吸う本人だけに悪影響が出るならまだしも、周りの人にも被害を生み出すのは問題があると個人的には考えます。


まとめ

今回は喫煙するメリットとデメリットを紹介させていただきましたね。

まずは喫煙するメリットを紹介させていただきました。

職場の人間関係の構築や、やる気が出るなどのメリットがあることを紹介いたしました。

しかし、喫煙するデメリットのほうが大きいと感じております。

喫煙するデメリットは下記になりますよ。

喫煙するメリットとデメリットで天秤をかけて、喫煙をするか禁煙するかを決めてみてください。

個人的には喫煙しないほうがよいかと。。。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

禁煙学

新品価格
¥4,400から
(2022/5/11 12:26時点)

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。