習慣

【昼寝の習慣】昼寝の良い効果を紹介していきます!【習慣編】

hirune
わかること
  • 昼寝の適度な時間
  • 昼寝の健康効果
  • 手に入れる習慣:昼寝

お疲れ様です。クラークです!

あなたは昼寝をしていますか?

仕事の昼休みなどで、昼寝している人もいるかと思います。

昼寝をすることで様々な良い効果があるんです。

私も仕事やプライベートで昼寝を取り入れており、良い効果を実感しています。

今回は昼寝の良い効果を紹介していきますよ!

昼寝を生活に取り入れて、より良い人生にしていきましょう。

では、いきましょう!

昼寝の適度な時間

hirune

まずは昼寝の適度な時間を紹介していきます。

昼寝は寝る時間帯とどのくらい寝るかが大変重要になります。

昼寝を実践するときは、下記のことを気をつけてください!

では、いきましょう。

適度な昼寝する時間帯

昼寝の適度な時間帯として、12時から15時ぐらいと言われています。

15時以降だと、夜の睡眠に影響が出てしまい、なかなか寝付けなくなってしまいます。

15時を過ぎたら、昼寝は控えましょう。

どうしても眠くなってしまう場合は、軽い運動をしてみましょう。

近所を散歩したりなどをしてみると、少しは眠気が取れます。

適度な昼寝時間

昼寝の適度な時間としては、15分から30分であると言われています。

30分を超えるとスッキリと目覚めにくくなってしまい、眠気が残ってしまいます。

私もアラームで起き損ねたとき、少し眠気や倦怠感が残っているときがありますね。。

15分から30分でアラームをセットしておくことをおすすめしますが、プラスでカフェインを摂取しておくことがおすすめです。

カフェインには覚醒効果があるので、昼寝前にカフェインを摂取しておく、比較的スッキリと起きることができます。


昼寝の健康効果

次は昼寝の効果について紹介していきます。

昼寝はグーグルやアップルなどの有名な企業でも推奨されています。

昼寝には様々な良い効果がありますね。

できる範囲で昼寝を取り入れてみて、良い効果を享受してみましょう!

昼寝効果は下記になります。

昼寝をすることにより、脳を休ませることができるので、疲労解消やストレス解消をすることができます。

また、脳の機能を回復させることができるので、作業効率を上げることできます。

またギリシャの大学の研究では、昼寝には健康効果があるとされています。

週3回以上、30分間の昼寝をすると、心臓病の死亡リスクが37%減ったという結果が出ていたとのことです。

午後に昼寝をとると、血圧が下がるため、心臓病のリスク低下につながるのではないかと考察されています。


まとめ

今回は昼寝の良い効果を紹介させていただきました。

仕事だけでなく、プライベートでも昼寝を取り入れてより良い生活にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
クラーク
クラーク 1992年生まれ。男性。 系列系のビルメンテナンス会社で務めています。 より良い人生にしていきたいと考えています。 「お金」「健康」「人間関係」「ゲーム」について情報を発信していきます。